人事ブログ

【教育だより】会社の研修ってどんなことをするの?

こんにちは。
採用・教育担当のよねちゃんこと米澤賢です。

学生の皆さんにとって、就活を終え、内定式を終え、入社式前後に行われる新入社員研修っていったいどんな内容がおこなわれるのでしょうか?

私も新入社員では、SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス株式会社)での新入社員研修は5日間みっちり会社概要から始まり中期経営計画に基づく経営戦略・営業戦略、民法や商法、貸金業規制法など法律体系、金融の仕組み、業務マニュアルに基づくシステム、交流分析を活用したコミュニケーション実習、応酬話法やロールプレイングでした。ほとんど座学で、正直ワクワクはしなかったという思い出です。

研修大嫌いだった私が数年後に東京千代田区大手町にある本社の教育部門に異動するとは、想定外で、以降、採用・教育・人事畑を体験するとは、当時予想もしていなかったことです。後から聞いた話ですが、教育部門に異動した理由が、研修嫌いだったからという話には驚きを隠せませんした。笑

以降、おかげさまで上司、部下にも恵まれ、主任、課長と昇進し、教育を担当してきました。その頃のスタンスは「楽しくなければ研修じゃない」をモットーに教育企画・運用を担当してきました。できる限り、ゲームや体験学習を中心にプログラム設計してきました。昔から、「わかる」ことと「できる」ことは違うというのが、私の出発点です。

弊社では、昨年6月から夢の単身赴任で教育を担当していますが、すべては体験学習です。新入社員研修(弊社では研修をレシピと呼んでいます)は、3週間あり、1週間目を「守」プログラム、2週間目は「離」プログラム、3週間目は「破」プログラムで、すべての工程を完了してのレシピ卒業式&入社式となります。

1週間目はどこの企業でも通用する人材になるために、アイスブレーカーとしての自己紹介、映画「スーパーの女」鑑賞からの経営理念やチームワーク、リーダーシップ学習、インバスケット方式での敬語や名刺交換などのビジネス基本、心理学を活用したコミュニケーションスキルなどを体験し、金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフローゲームを活用したライフプラン、ロールプレィングやプレゼンテーションスキル、適応力と自立を促すワクワク冒険です。

2週間目は業界人としての基礎力を身につけるラウンドとなります。社会貢献の考え方と当社の聴導犬の取組、ホールシミュレーションや実習、パチンコに特化した経営シミュレーションで商売の仕組みを学習します。

3週間目は、十数年来のおつきあいのある足柄グリーンサービス教育事業部のラウンド(山)をお借りして、アメリカのリーダーシップ学習を行い、様々なアクティビティ(課題)をチームで解決していきます。

長々と書きましたが、企業の新入社員研修のやり方は様々で、会社のスタンスがそこにでます。就活も中盤を迎え、

内々定を持っている方、まだの方、様々な方がいらっしゃると思いますが、ブランドに影響されることのないいい会社を選んでほしい。           (文責:米澤 賢)

その時の出逢いが人生を根底から変えることがある よき出逢いを。。

★インターンシップはこちら
https://job.rikunabi.com/2021/company/r768900022/internship/
★オフィシャルホームページ
http://www.uply.net/
★しずまっちはこちら
https://shizumatch.jp/company/detail/591
★youtubeページはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCBNIkCRqRp0gbddBEYez8qQ/videos?disable_polymer=1
★Twitterはこちら
https://twitter.com/uply_network
★FACEBOOKはこちら
https://www.facebook.com/UPLYNETWORK.RECRUIT/?ref=bookmarks
★インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/uplynetwork/?hl=ja

 

Return Top