人事ブログ

【就活だより】就活のスタートキット

私も就活をした経験があります。大きく新入社員として入社する時と自分自身のキャリアを伸ばすための時に分けられます。私が札幌の大学で就活をした時の話を共有したいと思います。おそらく皆さんもそうだと思いますが、自分に何ができるのか、あるいは何をしたいのかが、今までの経験の中でしたか、頭の中にあるイメージみたいなものではないでしょうか?

私は父親が警察官だったということで、小さいころから父親の私服警官だったことのイメージがあり、自分もそうなるのではと高校時代までは勝手にそう思っていました。しかし、大学に入ると色々な情報、人脈から自分の自己分析をしてみました。同じ大学の人間に聞いても、お互いが分からないのであまり参考になりませんが、社会人と言われる方々に聞いてみるのが一番の処方箋です。

自己診断といわれる市販のものもありますが、正直あてにはなりません。なぜならば、私たちの成長というものは、教育工学でいうB=f(E×P)といわれる公式で表現できます。Bとは、ビヘイビア、いわゆる行動や態度と訳されます。私たちの行動や態度、成長というものは、E(environmentの頭文字)で環境の意味です。また、PはPersonで人格とかに訳されます。要するに、人間の成長は、おかれた環境と人格(ものの見方、考え方)で変わるという意味です。

これは、就活に置き換えて考えると、大事なのは就活が目的ではなく、いい会社と巡り合い、社会人生活をする中で、人間的成長ができる環境があるということを物語っています。ですから、色々な企業のガイダンスやインターンシップなどもいいでしょうが、正直人事の採用はいい話しかしないともよく耳にします。

私は自己分析は、就活中、ガイダンス等で知り合った業種業態問わず、色々な人事の方々から、フィードバック(良い点ともっとこうすればよくなる点)を直接いただき、そのうえで、自己分析(強み、弱み)から自分にあう仕事といい働き方ができる企業を選択しました。それと、企業の職場風土や環境から判断しました。なので、決して、企業ブランドとか業界イメージではなく、自己成長が実感できる会社を選択しました。

皆さんがどんな社会人生活、働き方などの目的意識を明確にもって、手段である就活を過ごして欲しいと考えています。

(文責:望月 汰久位)

★インターンシップはこちら
https://job.rikunabi.com/2021/company/r768900022/internship/

★オフィシャルホームページ
http://www.uply.net/
★しずまっちはこちら
https://shizumatch.jp/company/detail/591
★youtubeページはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCBNIkCRqRp0gbddBEYez8qQ/videos?disable_polymer=1
★Twitterはこちら
https://twitter.com/uply_network
★FACEBOOKはこちら
https://www.facebook.com/UPLYNETWORK.RECRUIT/?ref=bookmarks
★インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/uplynetwork/?hl=ja

Return Top