人事ブログ

高校生採用知ってまっか?

私たち採用・教育チームは、毎年行われている、ハローワーク主催の新規学校卒業者採用の為の勉強会に参加していますが、今年は皆さんご存じのように新型コロナウイルス感染拡大の予防の為、残念ながら7月に延期となりました。ちなみに私たちアプリイネットワークでは、毎年10名程度の高校生をお預かりしていますが、高校生採用の活動スケジュールは、大卒や短大・専門卒採用とは動き方が異なり、行政・主要経済団体・学校組織の三者による協定によってルール化されている為、私たち企業の人事は、高卒採用のルールを理解した上で活動を行うことが求められています。

高校生の就職活動の年間スケジュールは、毎年ハローワークから案内のある「求人票の解禁時期」「求人募集の解禁時期」に沿った年間スケジュールによって決められます。高校の種類や案内によっては若干の差異はあるものの、ほとんどの高校では、以下のスケジュールで就職活動が進められます。

2019年に厚生労働省が発表したデータによると、高校生の6割以上は9月末時点で就職活動を終了しています。また、例年12月末には9割以上の高校生が就職活動を終えているようです。以下の写真を見ても、9月末から11月中旬には第2次募集が行われており、この時点で殆どの高校生が就職活動を終えていることが読み取れます。

他に「商業高校」は、比較的就職活動の流れが早く、9月末時点でほとんどの高校生が就職先から内定を獲得しているケースもあります。「通信制の高校」や「定時制の高校」では就職活動の流れが比較的遅い高校が多く、9月中旬頃から就職先の企業を選定する高校生が多い場合があります。

高卒採用においては、各高校の特性、就活スケジュールを理解することが重要です。高卒採用の重点ターゲットにしたい高校がある場合は、直接進路指導部の先生に、その高校の就活スケジュールを質問して確認する必要があります。つまり、企業が高校に対してアプローチ活動を行えるようになる解禁日は7月1日です。7月1日より企業は以下2点の採用活動を行うことができます。

①高校訪問
就職を希望する高校生を指導する先生を訪問し、企業の紹介や求める高校生像を含めた求人内容を紹介します。具体的にどのような高校生に就職してもらいたいのか、月給等の求人条件に勝る企業の魅力を伝えることがポイントです。

②求人票の発送
高校生を採用する企業は、高卒採用専門の求人票をハローワークで作成する必要があります。原則的に、ハローワークから発行された求人票を用いて高卒採用を行うことがルール化されている為です。その求人票が公開されるタイミングで、募集を行いたい高校の進路指導部宛に求人票を送付します。

高卒採用のルールを理解し、企業の求人をどれだけ効率よく拡散できるか。高校生の新卒採用において戦略設計は採用成功への第一歩となるのです。

友だち追加

【会社説明会は次のエントリーBOXからも申し込みできます】

●アプリイ/LINEキャリア↓
https://en-gage.net/uply_saiyo/
●アプリイ/採用ホームページはこちら↓
https://uply.hooop.me/branding/
●アプリイ/オフィシャルホームページ↓
http://www.uply.net/
●アプリイ/若者就活応援サイトしずまっち↓
https://shizumatch.jp/company/detail/591

【会社\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\研究はこちら】
★youtubeページはこちら(チャンネル登録お願いします)
https://www.youtube.com/channel/UCBNIkCRqRp0gbddBEYez8qQ/videos?disable_polymer=1
★Twitterはこちら(フォローお願いします)
https://twitter.com/uply_network
★FACEBOOKはこちら(友だち申請お願いします)
https://www.facebook.com/UPLYNETWORK.RECRUIT/?ref=bookmarks
★インスタグラムはこちら(フォローお願いします)
https://www.instagram.com/uplynetwork/?hl=ja

Return Top