人事ブログ

印象に残るエントリーシートって?

私も過去、色々な企業の中で、採用と教育、人事課長と経験し、様々な学生さんに会ってきました。10数年前は、著しい成長を遂げた「先物取引業界」「消費者金融業界」「パチンコ業界」ですが、実は、当時、経済界の中では、株式上場はできる力をもっていて、更に納税額、投資額含むと日本経済を支えるビックビジネスといわれていました。

あれから先物取引業界は、上場を果たしたものの著しい成長を告げ今は下火に。消費者金融業界は、大手といわれるほとんどが今はメガバンクのグループ会社に。唯一、成長は数年前に比べるとやや鈍化していますが、パチンコ業界だけが、日本経済を支えるだけの市場規模(約19兆円)なっているのです。

本題に入りますが、人事からみて印象に残るエントリーシートは自分自身の生き様と自分の言葉で書いているものが一番だと思います。

生き様とは、短い人生の中で、色々なエピソードやエポックメイキング的なものを誰しも経験しているはずです。極論すると、両親との就職進路に関しての意見の分裂でそれに関する自分自身の想いや考え方やアルバイト経験の中で、自分自身大切にしている価値観やかりがい、または、友人との間でぶつかった経験の中で、なぜ衝突してしまったのか、衝突した後に感じる自分自身の想いなどです。

逆にNG的なエントリーシートは、自身が考えるに、アッピールするうえで、他責思考(他者責任転嫁)的なものはNGと思います。最近は就活マニュアルにも書かれていることもありますが、いずれにしても面接で簡単にメッキははがされることとなりますので、一番は自分の言葉で、自分の想いを記載することが重要と私は思います。

最近は、母集団(応募者)の多い企業の人事担当者は時間に追われ、エントリーシートに目を通すことも困難になっており、ある意味足切りのツールにもなっており、最近ではAI(人口知能)でのES判断という企業もでてきています。私は、ESのないフェイスtoフェイスの面談や面接を通した人物本位の評定がやはり一番だと私は感じています。

最後に人事担当は、求職者に対して、「タイプ(適性)」「レベル(資質)」「モチベーション(意欲)」で判定します。学生さんの皆さんは、コロナの影響を受けながら、はじめての就活を迎えることになりますが、ぜひ内定をとることを目的にするのではなく、豊かな生活、豊かな人生にする為の就活にしてほしいと考えています。「ピンチはチャンス」「親は親。自分は自分」ぜひ、421万社ある自分にあう業界や企業と出会ってほしいと考えています。

(文責:米澤賢)

【21卒説明会・22卒インターンシップエントリーはこちら】
●アプリイ/LINEキャリア↓
https://en-gage.net/uply_saiyo/

●アプリイ/若者就活応援サイトしずまっち↓
https://shizumatch.jp/company/detail/591

●アプリイ/採用ホームページはこちら↓
https://uply.hooop.me/branding/

【会社研究はこちら】
★youtubeページはこちら(チャンネル登録お願いします)
https://www.youtube.com/channel/UCBNIkCRqRp0gbddBEYez8qQ/videos?disable_polymer=1
★Twitterはこちら(フォローお願いします)
https://twitter.com/uply_network
★FACEBOOKはこちら(友だち申請お願いします)
https://www.facebook.com/UPLYNETWORK.RECRUIT/?ref=bookmarks
★インスタグラムはこちら(フォローお願いします)
https://www.instagram.com/uplynetwork/?hl=ja

Return Top