人事ブログ

【就活応援】学歴別平均年収と初任給について考えよう。

寒中お見舞い申し上げます。
今日は、厚生労働省の調査結果から就活する準備としての情報を掲載します。

厚生労働省の調査によると、学歴別では、大学院卒(修士了)で平均年収370万円、平均手取り308万円。大卒で平均年収325万円、平均手取り270万円。短大・専門卒で平均年収280万円、平均手取り232万円。高卒で平均年収260万円、平均手取り216万円。学歴関係なく新卒の平均年収は約309万円で手取りで257万円ほどになります。このように、高卒だと大学院卒に比べ、110万円も少なくスタートから大きな差がつくことになります。当社の場合、大卒、短大・専門卒、高卒と初任給にあまり差がない為、1年目は平均年収334万円、平均手取り272万円。2年目からは、平均年収390万円、平均手取り328万円となります。

厚生労働省の調査によると、学歴別の平均初任給は、大学院(修士了)卒で、22.8万円、大卒で20.2万円、短大・専門卒で17.5万円、高卒で16.0万円。初任給は少しずつではありますが、毎年上昇を続けていて、2018年はすべての学歴で初任給が過去最高額になっています。当社の場合、大卒26.2万円、短大・専門卒26.1万円、高卒26.0万円となります。

但し、企業の中でも初任給が高い企業は、インセンティブ(目標達成などの成果や努力に報いる意味で基本給とは別に「報奨金」を上乗せする制度)の部分が大きかったり、年俸制だったりする会社が多く、その場合は収入が不安定になる可能性があるので、注意したいものです。

また、給与に初めから残業代を含めている会社も多いので、確認したいものです。例えば、日本商業開発という会社は、初任給50万円ですが、その内訳は、基本給398000円、固定時間外手当100000円となっています。つまり、初任給50万円というのは、残業手当をはじめから上乗せした額になっているので、そのぶん労働時間も長くなることが予測されます。当社の場合、営業手当50000円、シフト手当10000円、その他基本給となります。固定残業手当はなく、残業実績分(昨年実績:月間残業約6時間)を支給しています。

初任給は全額が手元に入るわけではなく、税金や社会保険料が引かれて支給されます。これを手取り額といいます。まず、所得税です。2年目からは住民税が引かれますが、住民税は、前年度の収入に対して、かけられるため、社会人1年目は徴収されません。

次に、社会保険料(健康保険・雇用保険・年金)で、健康保険料や年金保険料は5月から徴収する会社が多く、初月は雇用保険料だけ引かれる場合があります。就職して最初にもらう給与では、初任給が全額出ない場合があります。(給与は前月に働いた分の報酬ですので、会社の締め日によっては日割りでの支給となります)
当社の場合、4月1日から働き始めたとして、毎月15日が締め日になりますので、初月の給与は、4月1日から15日までの15日分になります。

就職した最初の年のボーナス(賞与)は冬からの支給になるのが、一般的です。夏のボーナスは「寸志」という形での少額を支給する会社が多いようです。
社会人になって一人暮らしという方も、多いかと思いますが、衣食住の中で、最も多い支出は家賃です。家賃は月収(手取り額)の3割までが無理なく払える範囲といわれています。

仮に手取りが16万円の場合は、家賃に使えるお金は5万円までとなります。この家賃だと、首都圏では、理想通りの住まいを捜すのは、難しいかもしれません。収入が増えるまでの数年間は家賃優先で我慢されることをお勧めします。無理をすると生活が苦しくなり、家賃の安い家に引っ越しし直すにもお金がかかるので、注意が必要です。

仮に、手取り16万円で家賃に5万円払う場合、残りの11万円ですべてをまかなうこととになります。一人暮らしの生活費の内訳はおおよそこんな感じになります。
食費40000円、水道光熱費10000円、通信費7000円、日用雑費10000円、趣味・交際費15000円、保険・貯蓄18000円、予備費10000円。以上は、一人暮らしの人の平均的な生活費ですが、食費は外食を減らすなどすれば、30000円以内でやりくりすることが可能になります。

貯蓄は少なくとも手取りの10%、16000円以上はしておきたいものです。高卒、短大・専門卒の初任給は手取りが13~14万円になり、一人暮らしが厳しい状況が予想されます。家賃や食費などを抑える必要があり、病気などをした場合を想定すると、ギリギリの生活になり、あまりお勧めはしません。社員マンション(社員寮)のある会社では、1万~3万円の家賃で入れることが多いので、安心した生活を過ごすことができます。

厚生労働省の調査で企業規模別の初任給は次の通りです。
 従業員数1000人以上の会社の場合、大学院卒23.5万円、大卒20.7万円、短大・専門卒18.3万円、高卒15.9万円となり、従業員数1000未満の会社では、大学院卒23.7万円、大卒20.2万円、短大・専門卒17.2万円、高卒15.7万円となり、さらに従業員数10人~99人の会社では、大学院卒20.5万円、大卒18.9万円、短大・専門卒16.8万円、高卒15.5万円となります。では当社㈱アプリイの場合、従業員数が504名ですが、大卒院卒26.3万円、大卒26.2万円、短大・専門卒26.1万円、高卒26.0万円となります。1000未満の会社は、初任給は少ないものの、1000人未満の会社と1000人以上の会社ではあまり差がないことがわかります。

就活では報酬だけでなく、働きやすさも確認することをお勧めします。少なくとも、①福利厚生制度は充実しているか?②有給休暇は取りやすい会社か? ③月の残業時間はどのくらいか?このほかにもフレックスタイム(始業や就業の時間を自分で自由に決められる働き方)や出産・育児休暇の取りやすさや実績を確認をお勧めします。

自分にとって働きやすい会社とはどんな環境なのか、その会社でどのようなキャリアを積んでいきたいかをよく考えてみることをお勧めします。

「その時の出逢いが その人の人生を 根底から変えることがある」

説明会エントリー】
●アプリイ/LINEキャリア↓
https://en-gage.net/uply_saiyo/

●アプリイ/しずまっち
https://shizumatch.jp/company/detail/591

●アプリイ/若者就活応援サイトしずまっち↓
https://shizumatch.jp/company/detail/591

●アプリイ/採用ホームページはこちら↓
https://uply.hooop.me/branding/

【会社研究はこちら】
★youtubeページはこちら(チャンネル登録お願いします)
https://www.youtube.com/channel/UCBNIkCRqRp0gbddBEYez8qQ/videos?disable_polymer=1
★Twitterはこちら(フォローお願いします)
https://twitter.com/uply_network
★FACEBOOKはこちら(友だち申請お願いします)
https://www.facebook.com/UPLYNETWORK.RECRUIT/?ref=bookmarks
★インスタグラムはこちら(フォローお願いします)
https://www.instagram.com/uplynetwork/?hl=ja

 

Return Top